ブログ
BLOG

専門工事

サイディングのプレカットに向けて自動計測を行います。≪専門工事≫

2022.10.28

外壁の専門工事では、サイディングプレカットのために事前に壁の計測が行われます。弊社では、現場カットによる騒音や粉塵の発生を防ぐためプレカット工場にて事前にカットをして現場にサイディングを運びこみます。

 

計測は、まず計測器を計測したい壁面に水平を保つようにセッティングし、壁の端までの距離を反射板にレーザーをあてることで自動計測します。

ダクトなどの丸く抜く必要があるところも計測することができ、反射板とメモリのついた道具で挟み込み、円の中心を捉えその半径を計測していきます。このように計測器を使うことで、現場では一人で作業を確実に進めることができます。

タブレット上には、計測した情報がどんどん蓄積されます。

タブレットに集約されたデータをもとに事務所に戻った後にパソコンソフトに入力し、壁の面積から、コーナーである出隅などを差し引いた大きさに対して、サイディングのカット幅を割り出していきます。

自動計測によって割り出された最適なサイズのデータをもとに、サイディングプレカット工場では自動カットするので、サイディングの無駄も省くことができ、廃棄を最小限にすることができます。

 

複雑な建物でも確実に計測できることはもちろんのこと、工期の短縮や正確さ、労働環境の改善や環境負荷の軽減にもつながります。