ブログ
BLOG

住宅・不動産

2種類の素材を使って断熱します。《emitas下田井町》

2022.07.15

高松市下田井町の平屋の新築現場では、断熱材が施工されている途中でした!

天井と壁とで素材が違いますね。

天井は吹き付け断熱で、壁は繊維系断熱材のロックウールです。ロックウールという断熱材は、繊維同士の隙間に空気を閉じ込めて、熱が伝わりにくく、耐火性にも優れているそうです。2種類の断熱材を組み合わせているのは珍しいですね!異なる断熱材でもしっかりと施工することで、気密性能や断熱性能は高くなります。

断熱材の上からさらに防湿気密シートを貼り、気密テープでしっかりと気密します。断熱材を施工した後は、気密測定もおこなって、性能を数値で確かめます!