ブログ
BLOG

フソウ未来プロジェクト総合建設

第36回 日経ニューオフィス賞の四国ブロック表彰式に参加しました。

2023.10.03

2023年9月28日、第36回 日経ニューオフィス賞の四国ブロック表彰式がありました。

 

私たちフソウリブテックの本社新オフィス(2022年12月完成)は、第36回日経ニューオフィス賞において「四国ニューオフィス推進賞<四国経済産業局長賞>」を受賞いたしました。「日経ニューオフィス賞」は、ニューオフィスづくりの普及・促進を図ることを目的とし、創意と工夫を凝らしたオフィスを表彰するもので、1988 年から日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会の主催で、経済産業省と日本商工会議所後援のもと開催されています。

表彰式当日は、日本経済新聞社の高松支局長様、一般社団法人ニューオフィス推進協会の会長様、四国経済産業局の局長様よりお言葉をいただきました。

一般社団法人ニューオフィス推進協会の会長である三栖様のお話の中で、全国の応募オフィスを見て実感したこととして、企業が働く社員にどのような価値を提供できるかという観点がオフィス作りで重要になっているということや、働く環境が心身、社会的にも満たされるウェルビーイングの向上にオフィスも一つの手段として認識され始めているということがありました。

受賞をしたオフィスでは社員が楽しみながら働いている空気感が自然と醸し出されているということ、また、コロナ禍の前後での建設ということもあり、ワークスタイルの変化や、オンラインとリアルのハイブリットが進み、定着したということが挙げられていました。

 

 

その後、宮崎審査委員長様よりフソウリブテックの新社屋についての講評をいただきました。

フィロソフィーである「よろこびの連鎖で毎日を明るく。」をテーマとした今回の新社屋建設は、これまでの事業の発展の過程で、事業ごとに分散していたためコミュニケーションが取りにくかった事務所を今回の新社屋で一つに集約したということ。コミュニケーションが自然と生まれやすくなるように考えられたレイアウトや、業務の効率化よりシナジーを創造しやすくなったということ。また、自社の強みを生かし、設計から施工までを自社体制にて行ったことにより、働くオフィス自体が自社の仕事を体現していることをご紹介いただけました。

また、災害に備えた対策や、環境に配慮した取り組み、セキュリティ、地域貢献など、働く人の自発的コミュニケーションにより新たな創造を生み出すデザインであるとご紹介いただけました。

フソウリブテックでは、現在も3S活動(整理・整頓・清掃)を週に1回全社員で取り組んでおり、働きながらより使いやすい社屋に日々変化していっております。

 

創立45周年の記念の年にこのような賞をいただけとても光栄です。今回の受賞をもとに、フィロソフィーを体現すべく、香川、そして四国の方々に良い影響を与えられるような会社になるべく努めてまいりたいと思います。