ブログ
BLOG

フソウ未来プロジェクト

お昼休みパッククッキング体験

2023.06.30

2023年6月29日(木)のお昼休み。

一般社団法人パッククッキング協会ジャパン代表理事の池田 奈央様と理事の菅 瑛祐子様を講師に迎え、お昼休みパッククッキング体験を開催しました!

お米もお肉もお野菜も!ポリ袋で調理!

パッククッキングは耐熱性ポリ袋を利用します。

ごはんは、紙コップを利用しお米とお水を目分量でポリ袋に入れます。

計量カップがないと、「これでちゃんと炊けるのかな?」とドキドキでしたが、災害時には調理道具があるとは限りません。

道具がなくても、ご飯を炊く事ができるんだ!というのは、いざという時の自信になりました。

また、一人前づつポリ袋に入っているので、災害時も配りやすいですね。

今回は、自分が目分量で作ったごはんを試食できるよう、消えないペンで名前を書いて各々ご飯をセット。

次は、おがず。

鶏肉のうま煮は、鶏もも肉と調味料、片栗粉をポリ袋に入れて、もみもみ。

野菜の味噌煮も季節の野菜と調味料を、もみもみ。

なんと簡単!

今回は、お昼休み(1時間)で時間が限られていたこともあり、材料のカットや調味料の計量は、あらかじめ講師の池田先生がしてくださっており、パパっとできちゃいました!

これを、ぐつぐつ湧いたお鍋のなかへ。

通りかかった社長が鍋の中をのぞき、「これならできるかも!」。

パッククッキングに興味深々で、次回は男性社員向けにしてほしいとリクエスト。

最後に盛り付けをして・・・完成!

メニュー

・ごはん

・鶏肉のうま煮

・野菜の味噌煮

・トマトの塩昆布

・かぼちゃサラダ

・味噌汁(みそまる)

みんなで、いただきます。

みんなで作って、みんなで食べるランチは格別でした。

限られた時間の中で、こんな素敵な体験を用意してくださった、パッククッキング協会ジャパンの池田様・菅様には大変感謝しております。

ありがとうございました!

今回パッククッキング体験を導入した目的は3つありました。

一つ目は、健康経営の推進です。

当社は健康事業所宣言をしており、「健康増進・生活習慣病対策」「食生活の改善」の取組みの一環として実施いたしました。

二つ目は、防災意識の向上です。

新社屋建設の一番の目的の中に、社員の安全と健康を守る事があります。

もしもに備えて、防災グッズや備蓄品を用意しておりますが、社員の心構えもとても大事です。

カセットコンロと鍋とポリ袋で調理できるパッククッキングは、いざという時に活用できる、調理の知恵です。

三つめは、社内コミュニケーションです。

何より、昨年12月に完成した新社屋でみんなでランチできた事が素敵な思い出になりました。

 

フソウリブテックでは、生き方・暮らし方を創造するライブテクノロジー企業として、様々なアイデア取入れ、地域社会に貢献することを目指しています。

このパッククッキングも社員から、また地域へと広がり、防災やコミュニケーションの一環につながる事を祈っております。

 

 

◆当社の取組みはこちらをご覧ください↓

 フソウ未来プロジェクト | フソウリブテック (fusolivetec.co.jp)

 

◆当社のSDGsの取組みはこちらをご覧ください↓

 SDGsへの取り組み | フソウリブテック (fusolivetec.co.jp)